子育て体験談

【子どもの成長は早い】兄妹の背中の丸みの違いを見て改めて感じた『今』の大切さ

次男と末っ子娘の背中を見てしみじみ(*´ω`*)

4歳の娘の背中はまだ丸い。(クレヨンしんちゃんみたいw)

ついこの間まで6歳の次男が【そんな】だったのに…。

時の流れは早いなぁ。

そして子どもたちは、文字通り【あっという間】に成長していく。

だからこそ『今』を大切にしないと

そんなことを感じたので、改めてここで自分が『親としてどう考えているのか』を整理したいと思います。

日々忙しく生活していると子どもの成長は見逃してしまいます。

しかも、後悔しても戻ってきません。

さらに、『親が見ていてくれなかった』ことを子どもはしっかりと確実に覚えています。

『今』という人生で、子育てで超絶大事な一瞬を見逃さないために、私の持論が少しでも役に立てたら嬉しいです^_^

過去より未来より『今』が何より重要だと考える理由

過去を振り返るのは無意味

過去は振り返っても後悔しても変えられません。

実は私は過去にこだわりがちです(;・∀・)

が、過去を思い出しても今になんら影響はありません。

時間のムダです。

未来を心配しても無意味

未来が不安で色々と考える人もいるでしょう。

私も将来が不安でよく未来のことを考えます。

望む未来を思い描いて目標を立てるのは素晴らしいと思います。そこから逆算して今やるべきことに注力する。

それならいいですが、不安が先立って今に集中できないと本末転倒です。

計画的予測なら良いがただの不安は時間のムダ!

不安なことは細分化して数値で示すと解決するかも

「今」に集中すべき理由

過去の延長に「今」があります。

「今」の積み重ねの先に未来があります。

考えても現実は変わりません。

過去や未来にとらわれていると結局何も変わらないのです。

だからこそ、目の前の「今」をもっと重視すべきなんです。

結局「今」だけが自分の人生ってこと

大切なことは優先順位

人間は欲深い生き物です。

「あれも欲しい、これも欲しい。」

「隣の人のあれも手に入れたい。」

そんな【ないものねだり】が日常茶飯事でしょう。

でも、そんなことをしているうちに本当に必要なことを見失うのです。

 

私は3人目の子どもが生まれたときがまさにそうでした。

  • もっと子どもの育児に注力したい。
  • もっと給料が欲しい。
  • もっと仕事で認められたい。
  • もっと時間も欲しい。
  • もっと自分も休みたい。
  • もっと筋トレもしたい。

でも欲張った結果、何一つ手には入らずに体調を壊しました。。。

大切なのは優先順位をつけて取捨選択することだったのです。

目先の欲ばかりにとらわれると足元すくわれる

具体的に行動を移す勇気

「今」を大切に考えたとき、そして優先すべきことを考えられたとき、それ以外のことを捨てる勇気が必要なのです。

人間は手に入れるときよりも失うときの方がショックが大きいと言います。

喪失感は人間にかなりのストレスを与えます。イメージしたらなんとなくわかると思います。

人間は生命維持のために、今の環境を心地よく思い、壊したくないのです。

【現状維持バイアス】ってやつです。

そのことを理解した上で、勇気をもって行動に移すことが重要なのです。

人間は現状維持を好む。

でも勇気をもって現状から脱しないと望む「今」はない

邪魔するものを切り捨てる

この世で時間の流れに逆らうことはできません。

全てが時間とトレードオフです。

これをやれば、あれはできない。

そのことを強く言い聞かせることが必要です。

二兎を追う者は一兎をも得ず

まさにこれ。

優先したいことのために他の雑音をシャットアウトすることが重要です。

人生はトレードオフ。

何かを得るには何かを手放す覚悟がいる。

〖結論〗子どもの成長を見るためには仕事してる場合じゃないってこと

長々と伝えてきたことをまとめると、

  • 仕事なんか二の次で、子どもの成長が最優先でしょう!!!
  • 子どもの成長なんかめちゃくちゃ早いんだから見逃してる場合じゃないよ!
  • 見逃したら一生後悔するよ!!!

ってことです。

子どもたちの成長は本当に宝です。

感謝しかありません。

グズっても、意味わからんことで怒ってきても、親の言うこと全然聞かなくても(むしろ嬉しい)、どんな姿でもそこに存在してくれていることが幸せであり感謝すべきことだと感じています。

周りの価値観に惑わされないで。

自分の価値観を大事に生きよう。

そこに幸せがあるはず。

おわりに:子どもたちに日々感謝

子どもたち最高です(´ω`*)

子どもたちの成長を妻とともに穏やかに見守っていけたら最高の人生と言えますね。

自分は本当に恵まれています☆

感謝感謝。

そしてここまでご覧いただいたことにも感謝です。本当にありがとうございます。

ではまた(*’▽’)

他者への感謝こそ

人生の喜び